ストック型ブログとフロー型ブログにすることにした

ストック型記事とフロー型記事を分けることにしました

ワードプレスにすると、ホームページを作成するのが簡単です。

ですが、ワードプレスは、ブログツールであるため、更新することが前提なんです。常に記事を投稿することで、常に新しい記事が先頭に表示されるんです。

ブログって、そういうものなんです。

ブログを更新すると、過去記事が埋もれていく

だけど、記事を投稿してブログを更新すればするほど、新しい記事が目立って、過去記事が埋もれていくんです。

それで、トップページのワードプレスと下層のblogフォルダのワードプレスを別にしました。

きっと、ワードプレスを別にしなくても、カテゴリーを作ることで対応できるとは思うんです。だけど、ワードプレスを分けちゃったほうが、かえって簡単だと思ったんです。

ワードプレスの自動インストール機能がある

レンタルサーバーには、ワードプレスの自動インストール機能があるので簡単です。ただ、レンタルサーバーによっては、ドメインの下層フォルダにワードプレスを自動インストールできないことがあります。

もし、ワードプレスは自動インストールでなくても難しくありません。

レンタルサーバーでデータベースを作成し、ダウンロードしたワードプレスをFTPでアップするだけです。

ワードプレスとデータベースを連携する

ワードプレスをレンタルサーバーにアップしらたら、ワードプレスとデータベースを連携するんだけど、ワードプレスをアップしたURLにアクセスすれば、インストーラーが表示されますので、データベースの情報を入力すればいいんです。

すると、レンタルサーバーで自動インストールしたのと同じ状態になりますので、ここからは、誰もがやっていることです。

トップページを固定ページにして、ホームページ型にして、blogというカテゴリーを作って、ブログをやることがあります。

ブログが重くなったり、表示が遅くなったりする?

これって、ホームページに下層のブログをやるために、ワードプレスをインストールするのと同じだと思いませんか?普通は、複数のワードプレスをインストールすることはないと思います。

だけど、もしかして禁じ手なのかもしれませんが、もうワードプレスをインストールしちゃいました。ワードプレスが多くなると、ブログが重くなったり、表示が遅くなったりする可能性がありますが、もう遅いです。